マレーシア航空機の捜索続く-盗難パスポート使用で謎深まる

クアラルンプールから北京に向かう 途中で消息を絶ったマレーシア航空機について、9日に捜索が再開され た。ベトナム軍は8日に、最長15キロの油膜を発見。同機がタイ湾に墜 落した可能性が示された。同機では盗難されたパスポートを使用した乗 客がいたことが分かっており、謎が深まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。