ウクライナはクリミア住民投票受け入れず-憲法違反と主張

ウクライナ政府は今月16日に実施さ れるクリミア自治共和国のロシアへの帰属を問う住民投票について、住 民投票が憲法に反しており、自由でも公平でもないと指摘し、その結果 にかかわらず受け入れない方針を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。