新興国株が下落-中国企業の社債利払い不履行で

7日の新興市場株は下落し、週間ベ ースの上昇分をほぼ吐き出した。中国本土の債券市場で初のデフォルト (債務不履行)状態が発生し、同国での不良債権の急増で世界の成長が 圧迫されるとの懸念が強まった。金属相場安で、鉄鉱石生産のヴァーレ が資源株の下げを主導した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。