【今週の債券】長期金利0.6%台上限探る、米雇用増でリスクオン継続

今週の債券市場で長期金利は0.6% 台の上昇余地を探る展開が予想されている。米国で2月の雇用統計が市 場予想を上回る雇用者数増加となり、リスクオン(選好)の動きが継続 するとの見方から金利に上昇圧力が掛かりやすいことが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。