NY連銀総裁:金融政策は「かなりの期間」極めて緩和的に

ニューヨーク連銀のダドリー総裁 は、米経済の見通しは「適度に明るい」と述べた。その上で、失業者が 多くインフレ率が低過ぎるため、大規模な緩和策を「かなりの期間」続 けることが正当化されると指摘した。

総裁は7日、ニューヨークで講演。事前に配布された原稿による と、「最大限の雇用確保と物価安定という当局の2大責務達成に向けて 経済成長が加速し、より速いペースで前進して欲しいと強く望んでい る」とした上で、「故に、景気回復を十分に支援するため、極めて緩和 的な金融政策を維持することが引き続き必要だ」と続けた。

失業率の低下傾向については、「労働市場の改善度合いを実際より も良く見せている部分が非常に強い」とし、失業率低下の大半は非労働 力人口の増加を反映しているためだと説明した。

ダドリー総裁はまた、「経済成長が十分力強くなり、労働市場の状 況改善の継続につながると見込んでいる」と述べた。

その上で、「ただし、失業率の見通しは異例なほど不透明だと注意 を発しておかなければならない」とし、労働市場が改善すれば再就職を あきらめていた人が職探しを始めるからだと説明。「そうした状況では 結果として、経済成長が加速しても失業率の低下ペースはより緩やかと なる可能性がある」と指摘した。

原題:Dudley Sees Highly Accommodative Policy for ‘Considerable Time’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE