NY外為(7日):ドルが対円で6週ぶり高値-雇用統計で

ニューヨーク外国為替市場ではドル が円に対し6週ぶり高値。米雇用者数の伸びが市場予想を上回ったこと で、金融当局が刺激策の縮小を継続するとの観測が広がった。

2月の米雇用統計によると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季 節調整済み)は前月比17万5000人増加した。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミスト予想の中央値は14万9000人増だった。カナダ・ ドルは主要通貨の過半数に対して下落。前月のカナダの雇用者数が市場 予想に反して減少したことを受けた。ユーロは対ドルで約2年ぶり高 値。欧州中央銀行(ECB)による追加緩和の見方が後退し、ユーロ買 いが活発になった。

野村セキュリティーズ・インターナショナルの外国為替ストラテジ スト、チャールズ・サンタルノー氏(ニューヨーク在勤)は「非農業部 門雇用者数の力強い伸びに市場は比較的驚いていた。これがドルにプラ スとなっている」とし、「今週は誰もが期待を低くしていた。今回の統 計で金融当局がこれまでと同様の方向性で政策を続け、テーパリングが 継続するということが引き続き示された」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは円に対し前日比0.2%高の 1ドル=103円28銭。1月23日以来の高値となった。ユーロは対ドル で0.1%上げて1ユーロ=1.3875ドル。一時1.3915ドルと、2011年10 月31日以来の高値を付けた。ユーロは対円で0.3%高の1ユーロ=143 円33銭。

雇用統計

カナダの2月の雇用統計によると、雇用者数は7000人減となった。 これを受け、成長押し上げに向け中央銀行が利下げを実施する必要が出 てくるとの観測が広がった。カナダ・ドルは0.9%安の1米ドル =1.1087カナダ・ドル。

米労働省によれば、1月の非農業部門雇用者数は12万9000人増に上 方修正された。また家計調査に基づく2月の失業率は6.7%と、前月 の6.6%から上昇。職探しを始めた人が増えたが、職を見つけられなか ったことが背景にある。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は「雇用統計を受け、安堵(あんど)感からドル は上昇した。米経済にとって明るい材料だ」と指摘。「現行ペースでの テーパリングと整合性があり、よってドルが買われた」と続けた。

天候の影響

北東部や中西部ではこの冬、寒波や大雪に見舞われ、経済指標にも 影響を及ぼした。金融当局は経済指標に注目しているが、天候の影響で 判断が難しくなる可能性がある。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は2月27日、上院 銀行委員会で、「今後数週間でやるべきことは、一連の低調な経済統計 のうち天候要因として説明できる統計はどの程度あるのか、また弱い景 気展望を反映している部分があるとすれば、それはどの部分なのかを正 確に厳しく見極めることである」と述べた。

ECBは前日の定例政策委員会で、主要政策金利を0.25%で据え置 くことを決めた。ブルームバーグ・ニュースのエコノミスト調査では54 人中40人が据え置きを予想、14人が利下げを見込んでいた。

三菱東京UFJ銀の内田稔チーフアナリストは、追加緩和期待の後 退でユーロは対ドルで「目先、1.39ドルを超えて1.40ドルに迫る場面も ある」と予想。もっとも、ユーロ高が進めば「ディスインフレ圧力が跳 ね返ってくる」とし、「緩和不足でユーロが上がれば上がるほど、逆に 緩和を迫ることになるので、1.40ドルを超えてさらに行くかというとこ ろは懐疑的にみている」と語った。

原題:Dollar Rises to 6-Week High Versus Yen as Jobs Gain Backs Taper(抜粋)

--取材協力:John Detrixhe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE