中国人民元、対ドルで下落-週間では昨年10月以来の大幅高

中国人民元は7日、対ドルで下落。 ただ週間では昨年10月以来の大きな上昇となった。元上昇のみを見越し た投資家をけん制するために中国人民銀行(中央銀行)が行ってきた相 場押し下げの動きが終了したとの観測が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。