中国人民元、対ドルで下落-週間では昨年10月以来の大幅高

中国人民元は7日、対ドルで下落。 ただ週間では昨年10月以来の大きな上昇となった。元上昇のみを見越し た投資家をけん制するために中国人民銀行(中央銀行)が行ってきた相 場押し下げの動きが終了したとの観測が背景にある。

人民銀はこの日、中心レートを0.08%元高方向の1ドル=6.1201元 と、1月24日以来の大きさで引き上げた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比0.12%安の6.1260元。取引終了までの13分間で上昇から下 落に転じた。週間では0.31%上昇。

ブルームバーグのデータによると、香港オフショア市場で元 は0.07%高の6.1012元。週間では0.3%上昇し、1月3日終了週以来の 大きな上げとなった。1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF) は0.17%高の6.1465元。週間の上昇率は0.25%。

原題:Yuan Posts Best Week Since October After PBOC Volatility Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE