スカイマク社長:エアバスA330を今年6機受け取り、国内線へ

国内3位の航空会社スカイマークが これまで10機導入するとしていた欧州エアバスA330-300型機の受領ス ケジュールが明らかになった。今年中に6機、来年に残りの4機を受け 取る。このうち今年すでに受領した2機を羽田空港で公開した西久保愼 一社長が7日、記者団に明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。