香港株:H株指数、1週間ぶり大幅高-エネルギーや銀行高い

香港株式市場では、香港上場の中国 株の指標であるハンセン中国企業株(H株)指数がこの1週間余りで最 大の値上がりとなった。エネルギーや銀行などの銘柄が買われた。

中国石油化工(SINOPEC、386 HK)は4.6%高。中国は民間 による石油・電力事業への投資を認める方針だと李克強首相があらため て表明したことが材料。中国建設銀行(939 HK)は1.4%高。カジノ株 は軟調だった。ギャラクシー・エンターテインメント・グループ(銀河 娯楽集団、27 HK)が2.4%下げ、サンズ・チャイナ(1928 HK)も2.5% 下落した。

H株指数は前日比0.4%高の9709.49と、2月27日以来の大きな上昇 率となった。週間では1.8%値下がりした。ハンセン指数は前日比42.48 ポイント(0.2%)安の22660.49で終了した。

LGTバンク(香港)のチーフ投資ストラテジスト、スティーブ ン・コリー氏は「市場参加者は改革の進展を見極めようとしている」と 指摘。「われわれは中国株に前向きだ。割安だとみている」と述べた。

原題:Chinese Stocks Rise in Hong Kong as Energy, Bank Shares Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE