ドル・円は103円前後、米雇用統計待ち-ユーロは高止まり

東京外国為替市場では、ドル・円相 場が1ドル=103円ちょうど前後と1月下旬以来のドル高値圏で推移し た。米国の雇用改善期待などを背景にドル買い・円売りが進んだ海外市 場の流れが一服。海外時間に発表される米雇用統計を見極めようとする 雰囲気が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。