債券は下落、米債安や株高・円安で売り-超長期ゾーンに需給悪化懸念

債券相場は下落。前日の米国債相場 の続落に加え、株式相場の続伸や外国為替市場での円安進行を背景に売 りが優勢だった。超長期ゾーンの需給悪化懸念も重しとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。