ドコモ副社長:今期の営業利益目標「厳しい」、販促負担重く

国内携帯電話首位、NTTドコモ は、今期(2014年3月期)の営業利益目標8400億円の達成は難しいとみ ている。競争の激化により、年間で最も携帯電話が売れる2-3月の販 売促進費用を積み増したため、支出が予想以上に増えると見込まれてい る。坪内和人副社長が6日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビュ ーで明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。