中国の上海超日、本土社債で初のデフォルト状態-利払い不能

更新日時

中国の太陽光発電関連メーカー、上 海超日太陽能科技は7日に予定していた社債の利払いを全額は履行でき なかった。中国本土の債券市場で初のデフォルト(債務不履行)状態が 発生した。

上海超日の劉鉄竜副社長はこの日、上海本社でインタビューに応 じ、債務返済に向けた資金を調達するため、海外にある太陽光関連プラ ントの一部売却を目指していると述べた。同社は7日に社債利息8980万 元(約15億円)の支払いが必要だったが、4日の時点で400万元しか用 意できないと説明していた。

国泰君安証券によれば、利払いが一部不能となったことで、上海超 日債は中国本土で発行された債券で初めてデフォルトに陥ったことにな る。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスのデータに 基づくと、中国人民銀行(中央銀行)が1997年に規制監督を開始して以 降、本土の公募債市場でデフォルトとなったのはこれが初めて。

2017年償還の上海超日債は、昨年7月8日に取引停止となってい た。停止される前の利回りは22%だった。ブルームバーグのデータによ ると、上海超日は12年3月に5年債、10億元相当を発行。利率は変動型 で、初回は8.98%だった。野村ホールディングスの今月5日のリポート によると、格付け会社の鵬元征信は同社債の格付けを「BBB+」から 「CCC」に昨年5月に引き下げている。

中国市場の発展

リーガル・アンド・ゼネラル・インベストメント・マネジメントの グローバル新興市場ストラテジスト、ブライアン・コールトン氏は「今 回の案件は今後見込まれる数多くのデフォルトの第1号となるだろう。 しかし、これが債券市場で連鎖反応を引き起こすことはないと考える」 と指摘。「短期的には債券利回りが上昇する可能性が高いが、長期的に は信用リスクの評価にとって、より良い市場をつくることになるだろ う」と述べた。

上海超日の社債目論見書によると、同社が一時的に資金不足に陥っ た場合は、広発銀行の上海支店と中信銀行(CITIC銀行)の蘇州支 店が8億元を融資することになっている。12年のこの目論見書では、同 社には債務返済に一部充てるため、売掛債権の保険1億ドル(約103億 円)があるとしている。

同目論見書によれば同社債の保有者は、社債管理者の中信建投証券 に対して上海超日に返済を迫るよう求めることが可能なほか、再編また は破綻手続きへの参加を要求できる。上海超日は利払い不能に陥った際 やデフォルト状態が30日を超えて続く場合は、中信建投証券に状況を文 書で報告しなければならない。

「注意喚起」

中信銀の蘇州支店の担当者に7日に連絡したが応答はない。広発銀 の上海支店に6日の業務時間後に連絡を取ったが、同じく応答がなかっ た。上海超日の劉副社長は、流動性支援について両行と話し合っている と述べた。

ムーディーズは電子メールで7日に配布したリポートで、デフォル トが「注意喚起」となり、中国債券市場の発展を促すと指摘。「金融市 場改革を進める中で社債デフォルトへの許容度を高めている当局の姿勢 を示唆している。また、より市場志向の政策を導入するという中国当局 の政策シフトにも合致している」と分析した。

原題:Chaori Can’t Make Full Payment in China’s First Onshore Default(抜粋)

--Judy Chen、David Yong, 取材協力:Feifei Shen. Editors: Katrina Nicholas, Joshua Fellman

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE