フィラデルフィア連銀総裁:慎重な緩和縮小は遅過ぎる恐れ

フィラデルフィア連銀のプロッサー 総裁は、米国の経済成長が今年に入って加速する見通しであることか ら、毎回の金融政策会合で決める漸進的な資産購入の縮小では規模が小 さ過ぎる可能性があると述べた。同総裁は今年の米連邦公開市場委員会 (FOMC)で投票権を持つ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。