アジア・太平洋株式サマリー:香港、中国株反発-印株は最高値

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反発。インターネット企業のテンセント・ホールデ ィングス(騰訊)が上場来高値を更新したほか、港湾運営企業などが買 われた。

テンセント(700 HK)は2%高。年初来では28%の値上がりとなっ た。港湾運営の中遠太平洋(コスコ・パシフィック、1199 HK)は6.5% 高。英銀スタンダードチャータード(2888 HK)は1.3%安。2013年通期 決算が過去10年余りで初の減益となった。

ハンセン指数は前日比123.19ポイント(0.6%)高の22702.97。ハ ンセン中国企業株(H株)指数は0.1%高の9672.98。

キムエン証券のセールストレーディングディレクター、アンドル ー・サリバン氏は電話取材に対して「恐らく若干のショートカバー(買 い戻し)が入った」と指摘。「市場関係者は中国の全国人民代表大会 (全人代、国会に相当)関連の情報を見極めようとしており、極めて慎 重な姿勢を崩していない」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は3日ぶりに反発。不動産開発株を中心に値上がりす る展開となった。近いうちに不動産規制が強化されることはないとの観 測が広がった。

不動産開発会社の万科企業(000002 CH)は8.3%高、保利房地産集 団(600048 CH)は5.4%高。石炭会社のエン州煤業(600188 CH) は2.1%安。ぜいたく品や環境を汚染する製品の税負担引き上げを楼継 偉財政相が表明した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比6.49ポイント(0.3%)高の2059.58。上海、深圳 両証取のA株に連動するCSI300指数は0.5%高の2173.63。

全国人民代表大会(全人代、国会に相当)に出席した当局者らは、 多くの都市の住宅市場が安定しており、住宅市場は都市化推進策から長 期的な支えを得られるとの認識を示した。需要抑制の新たな措置に関す る言及はなかった。

浙商証券の王偉俊ストラテジスト(上海在勤)は「不動産に関する 追加引き締め策が近く発表されることはないだろう。不動産株は増益が 期待される上、バリュエーション(株価評価)も低く、良い投資対象 だ。ただ市場全般は依然、下押し圧力にさらされている」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇し、指標のS&Pセンセックス指数は過去最 高値を更新した。インドの昨年10-12月の経常赤字縮小を背景に、通貨 ルピーが上昇し海外投資家によるインド株購入が増えるとの期待が高ま った。

ICICI銀行が3日続伸したほか、 アルミ生産を手掛けるヒン ダルコ・インダストリーズが大きく上げた。資産家アニル・アンバニ氏 が経営する電力会社のリライアンス・インフラストラクチャーも急伸。 ルピーは3カ月ぶり高値となった。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比237.01ポイント (1.1%)高の21513.87で引けた。

インド準備銀行(中央銀行)が5日発表した10-12月の経常赤字 は42億ドルと、前四半期の52億ドルから縮小。ブルームバーグがまとめ たデータによれば、海外投資家のインド株売買動向は年初来で4億7100 万ドルの買い越し。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比0.34ポイント安の5445.89。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比4.38ポイント(0.2%)高の1975.62。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比80.86ポイント(0.9%)高の8713.79。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE