全トヨタ労連会長:ほとんど溝は埋まっていない-春闘交渉終盤

トヨタ自動車グループの労働組合が 加盟する全トヨタ労働組合連合会(全トヨタ労連)の東正元・会長は、 今年の春闘労使交渉で経営側との溝が埋まっていないと指摘、現状は例 年以上に厳しいとの認識を示した。全組合がベースアップ(ベア)を要 求しており、こうした中でも賃上げや一時金では満額回答を目指す考え を強調した。また、政府の賃上げ要請の影響はまったくないという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。