アジア株:MSCI指数、6週間ぶり高値-テンセントなど上昇

6日のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数はこのままいけば、6週間ぶりの高値で取引 を終える。日本の社会保障審議会の専門委員会が年金積立金管理運用独 立行政法人(GPIF)には国内債券中心の運用を求めないとの草案を 示したことや円安を受けて、日本株が買われた。

通信株が上昇。ソフトバンクは4.9%高。百貨店運営でオーストラ リア最大手のマイヤー・ホールディングスは1.5%高。1月の豪小売売 上高が約1年ぶりの大幅増となった。中国のインターネット企業、テン セント・ホールディングス(騰訊)は香港市場で1.8%上昇しており、 このままいけば終値ベースで上場来高値を更新する。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後2時38分(日本時間同3 時38分)現在、前日比0.8%高の138.70。

原題:Asian Stocks Heading for Six-Week High as Japan Climbs on Yen(抜粋)

--取材協力:. Editors: Sarah McDonald, Richard Frost

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE