アジア株:MSCI指数、6週間ぶり高値-テンセントなど上昇

6日のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数はこのままいけば、6週間ぶりの高値で取引 を終える。日本の社会保障審議会の専門委員会が年金積立金管理運用独 立行政法人(GPIF)には国内債券中心の運用を求めないとの草案を 示したことや円安を受けて、日本株が買われた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。