地球儀眺める中銀当局者-ウクライナ情勢が金融政策に影響も

世界中のセントラルバンカーが再び 地球儀をじっくりと眺めている。世界の金融政策はここ数年、南欧の債 務危機や東日本大震災などの影響を受けてきた。現在の焦点は世界経済 のわずか0.4%を占めるにすぎないウクライナだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。