ウクライナ:ロシア産天然ガスの輸入削減-欧州分で穴埋めへ

ロシアと西欧の覇権争いの渦中にあ るウクライナは、ロシア国営ガス会社ガスプロムへの依存軽減のため、 同国からの天然ガス輸入を削減し、不足分を欧州からの供給で埋め合わ せることを計画している。

プロダン・燃料・エネルギー相は5日に首都キエフで、2014年に 約300億立方メートルの天然ガスを輸入する必要があることを明らかに した。このうち3分の1はスロバキアを通過するパイプライン経由で供 給される可能性がある。

ウクライナは輸入天然ガスの大半をモスクワに本社を置くガスプロ ムに依存しているが、同社はウクライナが借金未返済を理由に、同国向 けガス価格の割引を4月以降延長しないと決定した。

プロダン・エネルギー相が記者団に語ったところによれば、ウクラ イナはスロバキアのパイプライン経由で、年間100億立方メートルのガ スを欧州連合(EU)加盟の複数の国から輸入することでスロバキアと 暫定合意に達した。また、ドイツのRWEから年間50億立方メートルを 輸入する取引を締結したという。具体的な供給時期について同相は明ら かにしていない。

原題:Ukraine to Cut Russian Gas Imports by Increasing EU Supplies (1)(抜粋)

--取材協力:Elena Mazneva、Stefan Nicola、Anna Shiryaevskaya. Editors: Amanda Jordan, Will Kennedy

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE