【海外アラカルト】もう一つのウクライナ問題、死因第3位

記憶障害や認知障害が典型的な症状として知られるアルツハイマー 病が、米国人の死因3位である可能性が研究結果から示された。ラッシ ュ大学医療センターで疫学を研究するブライアン・ジェームズ氏が中心 となってまとめた。それによると、米国では毎年最大50万人がアルツハ イマー病が原因で亡くなっており、死亡証明書に基づく死者数8万3494 人を大きく上回っている。(5日)Alzheimer’s Disease Estimated to Be No. 3 Killer Disease in U.S.

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。