寒波で米電力価格高騰、08年以来の高値-暖房や発電コスト増

米東部が寒波に見舞われていること から、ボストンやダラス、サンフランシスコの消費者にとって電力価格 が6年ぶりの高値に上昇する見通しだ。

米政府のデータによると、天然ガスと石炭の在庫は今月末までに6 年ぶりの低水準に落ち込むと予想される。これらは米国の発電燃料のう ち67%を占める。ブルームバーグが集計した米インターコンチネンタル 取引所(ICE)とブローカーのデータによれば、ニューイングランド 地方で4-6月に利用される電力の卸売価格は4日、1000キロワット時 当たり平均62.15ドルと、前年同期比で26%高く、この時期として は2008年以来の高値に達した。

今年に入ってからの気温は11年以降で最低で、電力価格は例年の季 節的な下落を示さない見込み。天然ガス価格は前年同期比で32%上昇し ており、暖房や発電のコストが上昇している。

原題:Frigid U.S. Weather Means Highest Power Prices Since ’08: Energy(抜粋)

--取材協力:Natasha Doff. Editors: Bill Banker, Dan Stets

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE