米GM、韓国から豪州への輸出拡大を検討-対欧出荷減に対応

米ゼネラル・モーターズ(GM)は 韓国で生産した車のオーストラリア向け輸出を拡大する可能性がある。 欧州で「シボレー」ブランドの販売を来年末で中止することに伴い、同 ブランド向けに供給しているGM韓国部門の生産減を補いたい考えだ。

GMコリアのセルジオ・ロチャ最高経営責任者(CEO)は4日に ベトナムのハノイでインタビューに応じ、減産を補う方法を検討してい ると説明。欧州での販売減少分と豪州で必要な台数はほぼ一致している としつつも、具体的な数字を示すことは控えた。

同CEOは「非常に真剣に検討している選択肢だ」とし、「すでに 豪州に輸出しており、台数を増やすことは可能だ」と述べた。GMは昨 年12月、高い製造コストと豪ドル高を理由に豪部門ホールデンが2017年 末で生産を停止すると発表した。

ロチャCEOによると、欧州向けシボレーはGMコリアの生産台数 の15-20%を占めている。

原題:GM Considers Increasing South Korean Car Exports to Australia(抜粋)

--K. Oanh Ha. Editors: Young-Sam Cho, Terje Langeland

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE