ウクライナ危機で欧州のLNG需要拡大か-海運各社が予想

ロシアによるウクライナへの軍事介 入に伴うロシア産天然ガスの供給懸念が高まる中、欧州各国は調達先の 多様化を目指している。このため、液化天然ガス(LNG)供給の関連 企業は需要拡大に備えている。

LNG関連の海運サービスを提供するホーグLNGホールディング スとゴラールLNGは今週、欧州で消費されるガスの15%以上を経由す るウクライナの情勢緊迫化により、LNG需要が増加するとの見通しを 示した。ホーグのスベイヌン・ストゥーラ最高経営責任者(CEO)は 需要拡大に伴い、同社が今年、リトアニアに納入を予定しているような 浮動式LNG輸入ターミナルのニーズが増える可能性があると述べた。

ストゥーラ氏は5日、オスロでのインタビューで「需要が一段と押 し上げられるだろう。特にガスなどエネルギーの自立にさらに重点が置 かれるようになる見通しだ。ガスについて自立する唯一の方法はLNG を輸入することだ」と述べた。

原題:LNG Shippers Bet on Rising Europe Demand After Ukraine Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE