米ゴールドマンの石油取引責任者、ロビジンス氏が退社へ

米ゴールドマン・サックス・グルー プの石油トレーディング責任者、カール・ロビジンス氏が同社を退社す る見通しだ。同氏はゴールドマンに14年間勤務している。

同行の証券部門の共同責任者であるパブロ・サラメ、イザベル・イ ーレット、アショク・バラダンの3氏の社内メモによると、ロビジンス 氏はロンドンで農産物のトレーディングも統括。2010年にパートナーに 任命された。

同行のロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は、モ ルガン・スタンレーやJPモルガン・チェースなどの競合行が商品事業 から撤退する中、同事業に注力する方針を示している。米連邦準備制度 理事会(FRB)は今年に入って、銀行による現物商品の取引と保管事 業に対し新たな制限を課すことを検討していると述べた。

原題:Goldman Sachs Oil Trading Head Karl Robijns Retires From Firm(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE