原油高は一時的-欧州、露へ依存度高く制裁支持しない見込み

原油トレーダーらは、欧州はロシア へのエネルギー依存度が高いためロシアに対するエネルギー関連の制裁 措置を支持しないとみている。

北海ブレント原油相場は3日に一時3%上昇した。過去半年間では 最大の上昇率。現在は先週の水準に戻っている。米ゴールドマン・サッ クス・グループ、バンク・オブ・アメリカ(BOA)、モルガン・スタ ンレーのアナリストらはロシアによるクリミア侵入に関し、経済的な打 撃が大きいと予想されるため欧州がロシア産原油・天然ガスの禁輸措置 を支持することはないとの見方を示した。

エネルギー調査会社ペトロマトリックスでマネジングディレクター を務めるオリビエ・ジェイコブ氏は4日、電話で「欧州はエネルギー貿 易でロシアとの関係が深過ぎる。ロシアからの原油輸入量が多過ぎる」 と述べた。

国際エネルギー機関(IEA)の2012年のデータによると、欧州は 原油、天然ガス液、石油製品の約30%をロシアに依存している。

原題:Crude Gains Evaporate as Russia Seen Too Big to Sanction: Energy(抜粋)

--取材協力:Anna Shiryaevskaya、Elena Mazneva、Terry Atlas、Nicole Gaouette、Ilya Arkhipov、Indira A.R. Lakshmanan. Editors: James Herron, Alaric Nightingale

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE