米ダラス連銀総裁:根拠なき熱狂の「亡霊」を追い払う必要

米ダラス連銀のフィッシャー総裁 は、米連邦準備制度理事会(FRB)の債券購入プログラムが投資家の 行き過ぎたリスクテークをあおっている可能性を示す兆候が金融市場に 見られると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。