ドル・円は102円台前半、ECB会合や米雇用統計待ち

東京外国為替市場では円が下落。対 ドルでは一時1ドル=102円76銭と、2月21日以来の安値を付けた。年 金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)などの運用をめぐって、国 内債を中心とした運用を求めないとの方針を盛り込んだ厚生労働省の草 案内容が伝わると、日本株の上昇を背景にリスク選好的な円売りが強ま った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。