日本株3連騰、金融中心買い-ウクライナ、年金期待で円安に

東京株式相場は3日続伸し、日経平 均株価は7営業日ぶりに心理的節目の1万5000円を回復した。ウクライ ナ問題への対応の進展や長期視点での国内年金資金の流入期待、為替の 円安推移を好感した。証券やその他金融、銀行など金融株、不動産株を 中心に輸送用機器、鉄鋼、情報・通信株など幅広く高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。