GPIF運用は賃金上昇率基準に、国内債中心求めず

厚生労働省は今春まとめる5年に1 度の公的年金制度の財政検証で、世界最大の年金基金である年金積立金 管理運用独立行政法人(GPIF)などの運用利回り目標を賃金上昇率 を基準にどの程度上回るべきかの数値に変える方針だ。また、国内債券 を中心にした運用は求めない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。