仏ビベンディ、アルティスとブイグからSFR買収提案受ける

欧州最大の総合メディア通信企業、 フランスのビベンディは5日、スピンオフ(分離・独立)を計画してい る仏電話部門SFRについて2件の買収提案を受け取ったと発表した。

同社の発表資料によると、資産家パトリック・ドライ氏率いるアル ティスと建設・通信会社ブイグが別々の提案を示した。金銭面の詳細は 明らかにしていない。アルティスは傘下にケーブルテレビ(CATV) 会社ヌメリカブルを有する。

ビベンディは発表資料で、監査役会が今後、この2件の買収提案を 精査すると説明。従業員と株主にとって最善の利益となるようあらゆる 可能な選択肢を検討するとしている。

原題:Vivendi Receives Bids for SFR Carrier From Bouygues, Altice (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE