NY原油:続落、2カ月ぶりの大幅安-在庫が7週連続で増加

ニューヨーク原油先物相場は続落。 2カ月ぶりの大幅安となった。米エネルギー省が発表した原油在庫が7 週連続で増加したことが売りを誘った。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「原油 在庫の増加と製油所の稼働率低下の組み合わせが弱材料となった。製油 所が保守・点検に入り、今後数週間も在庫は増えるはずだ」と指摘し た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比1.88ドル(1.8%)安の1バレル=101.45ドルと、終値としては2 月14日以来の低水準となった。下落率は1月2日以来で最大。

原題:WTI Crude Falls Most in Two Months on U.S. Supply as Brent Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE