米国債:小動き、1カ月ぶりの小幅なレンジ-成長鈍化の兆候

米国債相場は小動き。ほぼ1カ月ぶ りの小幅な取引レンジとなった。民間雇用者数の伸びが予想を下回った ほか、非製造業景況指数が予想以上に低下し、景気腰折れの思惑が強ま った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。