元ソシエテのケルビエル被告、「金融悪」に抗議し欧州縦断行脚

仏銀ソシエテ・ジェネラルに巨額損 失を負わせたとして不正取引の有罪判決を受けた元トレーダー、ジェロ ーム・ケルビエル被告(37)は「金融の悪行」に抗議するための行脚の 最中だ。

判決を不服として上告中の同被告は2月24日にローマを出発、パリ まで1400キロメートルの行脚を開始した。同被告の弁護士によれば、そ の数日前にはバチカンでローマ法王フランシスコに拝謁した。控訴審で も有罪となった同被告は、今月行われる最終審で有罪になれば服役しな ければならない。

デービッド・クービ弁護士は「ケルビエル被告はこの6年、何もか もを奪われてきたが、自由だけは残っている」とし、「人と出会い、美 しい場所を通り、法王聖下のお言葉を伝えるための行脚だ」と述べた。 ローマ法王は現代の資本主義の「マネー崇拝」を批判していた。

ケルビエル被告は2008年に欧州株式先物の取引でソシエテに巨額損 失を被らせた。文書や電子メールを偽造して上司を欺いていたケルビエ ル被告を、当時のソシエテ最高経営責任者(CEO)、ダニエル・ブト ン氏は「テロリスト」と呼んだ。

ケルビエル被告は2012年の控訴審の有罪判決を不服として上告。フ ランスの最高裁判所である破棄院での判決は3月19日に下される。

原題:SocGen Ex-Trader Kerviel Starts Protest Walk After Pope Meeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE