香港株:H株が3週間ぶり安値-中国で社債デフォルト懸念

香港株式市場では、香港上場の中国 株の指標であるハンセン中国企業株(H株)指数が反落し、約3週間ぶ りの安値となった。中国本土で取引されている社債で初のデフォルト (債務不履行)が発生するとの懸念が高まった。

H株指数は前日比1.2%安の9661.99と、2月10日以来の安値で終 了。ハンセン指数は77.85ポイント(0.3%)安の22579.78。太陽電池セ ルメーカーの上海超日太陽能科技が、社債利払い日の7日に予定の利息 を全額は支払えない可能性があると発表した。

中国の李克強首相は全人代での政府活動報告で、今年の成長率目標 を昨年と同じ7.5%に設定すると発表。環境汚染や与信拡大の抑制に限 界があることが示唆された。市場関係者は地方政府の財政問題改善やシ ャドーバンキング(影の銀行)抑制、国の事業への民間投資導入などの 面でさらなる措置が決まるかどうかを見極めようとしている。

第一上海証券のチーフストラテジスト、ライナス・イップ氏は「市 場は中国から新たな情報が発信されると考えていたが、7.5%という成 長目標は昨年と同じで、相場の大きな支えになっていない」と分析。 「改革は見られるが、われわれはまだ多くの問題を解決しなければなら ない。金融分野では一部の銀行融資の質に関する懸念がある」と述べ た。

ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は2.2%安。中国建設銀行 (939 HK)は1.5%下げた。

原題:Hong Kong H-Shares Fall to Three-Week Low Amid Default Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE