女帝エカテリーナに心酔するメルケル首相-露とは複雑な関係

ドイツのメルケル首相の机の上に は、帝政ロシア時代に領土拡大のためクリミア半島を含む南方や西方に 進出し、「大帝」と称された女帝エカテリーナ2世の肖像画が飾られて いる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。