中国政府、公害との闘いを全人代で宣言-国民の不満感じ取る

中国の李克強首相は5日、環境汚染 が大きな問題だと明言した上で、政府は排ガスの多い自動車を路上から 排除し石炭を火力とする溶融炉を閉鎖することで大気汚染に「宣戦布告 する」と表明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。