ウクライナ情勢への通貨反応、為替操作問題が抑制か-リポート

外国為替レートの操作疑惑をめぐる 各国当局の調査が、主要な外為市場でのボラティリティ(変動性)低下 の一因になっている可能性が高いとスタンダード・バンクのG10通貨調 査責任者、スティーブン・バロー氏(ロンドン在勤)が指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。