プーチン氏の瀬戸際政策でロシア経済に大打撃-富豪も資産失う

ロシアのプーチン大統領のウクライ ナに対する瀬戸際政策を受けて、大統領と最も緊密な関係にある盟友の 中にはすでに多額の資産を失った人がいる。1億4400万人のロシア国民 も代償の支払いを迫られるかもしれない。

プーチン大統領がクリミア半島で部隊を増強したと伝えられたこと で、3日のロシア株式相場は5年ぶりの大幅安となり、通貨ルーブルも 過去最安値を付けた。ロシア中央銀行は同日、1998年以来となる大幅な 利上げに踏み切った。プーチン氏の旧友で富豪のゲンナジー・ティムチ ェンコ氏とパートナーのレオニド・ミへルソン氏は、両氏が出資する天 然ガス生産のノバテクの株価が18%下落した影響で、資産価値が合計32 億ドル(約3270億円)失われた。

スタンダード・バンク・グループの新興市場担当チーフエコノミス ト、ティモシー・アッシュ氏は「ロシアはウクライナ危機で大損を被る だろう」と指摘。「内外の信頼感が大きな打撃を受け、投資の減少が見 込まれる。資金流出が加速し、ウクライナ向けのエクスポージャーを持 つロシアの銀行は損失を被る可能性が高く、ルーブルは下落し、成長と 回復も抑制されるだろう」と述べた。

欧米との緊張が冷戦終了後で最も高まる中で、エネルギー産業に依 存するロシア経済のもろさが露呈している。全輸出の半分以上を占める 石油とガスの価格が低迷し、成長余力はほとんど残されておらず、主要 貿易相手国の景気が回復している状況にもかかわらず、ロシア政府当局 者は、リセッション(景気後退)に陥る可能性を警告した。

ウクライナ危機を背景にルーブルは対ドルで今年に入り9%下落。 ブルームバーグがフォローする新興市場24通貨の中で、アルゼンチン・ ペソを除けば下落率が最も大きい。ロシア中銀は3日、政策金利を1.5 ポイント引き上げ、通貨防衛のために120億ドル(INGグループ推 計)の市場介入に踏み切ったが、ルーブルは対ドルで1.8%下げた。ロ シア株の指標MICEX指数は一時13%下落した。

原題:Putin’s Ukrainian Gambit Stings Economy as Allies Lose Billions(抜粋)

--取材協力:Olga Tanas、Anna Andrianova、Vladimir Kuznetsov、Stephen Morris、Scott Rose. Editors: Balazs Penz, Brad Cook

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE