バーナンキ前議長の無念-「銀行救済は皆のため」国民理解せず

バーナンキ前米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は後悔していることがある。金融危機時の銀行救済は金 融業界ばかりではなく、全ての米国民を救うためだったということを、 もっとうまく説明しておけばよかったという悔いだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。