債券は下落、ウクライナ緊張緩和や入札控えて売り-超長期ゾーン安い

債券相場は下落。ウクライナをめぐ る緊張の緩和で前日の米国債相場が大幅安となったことや、あすに30年 債入札を控えて売りが優勢となった。現物債は超長期債を中心に安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。