【クレジット市場】ANA債が最低利率も需要4倍超-羽田国際線増

ANAホールディングスの新発10年 債は同年限として、前回債の半分以下かつ同社最低の金利にもかかわら ず、投資家需要は当初発行計画の4倍以上に上った。ライバル日本航空 を大幅に上回る枠を獲得した羽田空港の新規国際線発着枠や、債券市場 の需要の強さが背景だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。