ゴールドマンが株式引き受けで首位、14年のIPO予備軍増加

高い関心と期待を集め報道が過熱し ていた米ミニブログ運営会社ツイッターの昨年の新規株式公開 (IPO)は、「ふうっ」という安堵(あんど)の「つぶやき」ととも に落着した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。