【個別銘柄】不動産、富士通買われる、富士重やDMG森安い

更新日時

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

大手不動産株:三菱地所(8802)が前日比5.2%高の2549円、三井 不動産(8801)が3.7%高の3155円、住友不動産(8830)が3.5%高 の4334円など。モルガンMUFG証券は4日、不動産の業界判断を「イ ンライン」から「アトラクティブ」に上げた。業績の本格回復は2015年 度だが、株価はそれに先行する可能性が高いと指摘。クロスボーダー投 資の活発化などが株価に織り込まれておらず、各社のインプライド・キ ャップレート(株式市場から見た不動産の要求利回り)も割安感が強 い、とした。大手3社の投資判断も「イコールウエート」から「オーバ ーウエート」に変更。不動産は、東証1部33業種で上昇率トップ。

富士通(6702):3.6%高の634円。大和証券は4日、投資判断を 「2(アウトパフォーム)」から「1(買い)」、目標株価を696円か ら960円に上げた。総合電機からITサービス業への転換を経て、長期 的な業績飛躍時期を迎えたと判断、ITサービス市場は今後5年程度高 い伸びになると予想され、その恩恵を享受するとみる。UBS証券も判 断を「中立」から「買い」、目標株価を550円から780円に見直した。

ネクソン(3659):5.9%高の905円。子会社のネクソンコリアが配 信するモバイル向けロールプレーイングゲーム「Legion of Heroes」が サービス開始から17日間で、韓国でのダウンロード数が100万件を突破 したと4日に発表。韓国事業の収益貢献が見込まれた。

富士重工業(7270):1.8%安の2685円。14年3月期の連結純利益 見通しを2210億円から前期比61%増の1920億円へ下方修正する、と4日 に発表。国を被告とした防衛省向け戦闘ヘリコプターに関する初度費請 求訴訟で、東京地方裁判所が同社の請求を棄却。控訴を含めた今後の対 応を協議中だが、判決通りの確定時に備えて貸倒引当金約297億円を特 別損失として計上する。

DMG森精機(6141):11%安の1409円。海外での新株発行による 公募増資、自社株処分などで310億円を調達すると4日に発表。発行済 み株式数が12%増えるため、1株価値の希薄化が嫌気された。調達資金 は米国、中国天津工場の設備拡充、世界販売拠点でのショールーム整備 などに充当方針。

DIC(4631):6.1%高の296円。野村証券は4日、投資判断を 「中立」から「買い」、目標株価を220円から400円に上げた。欧米イン キ子会社のサンケミカルのリストラで14年12月期、15年12月期と2期連 続の10%超の営業増益の確度が高まったと判断した。新目標株価は、同 証による来期予想1株利益にPER11倍を適用。

日本電気硝子(5214):4.2%高の473円。マッコーリー証券は4 日、投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」、目標株価を490円 から570円に上げた。

くらコーポレーション(2695):7.3%高の1841円。13年11月-14 年1月期(第1四半期)の連結営業利益は前年同期比17%増の11億5400 万円だった、と4日に発表。ラーメンメニューのリニューアルやコーヒ ーの新発売、大手回転ずし業界では初の「極上ふぐフェア」を実施する など各種商品提案が奏功、売り上げが1割以上伸びた。営業利益で前期 比4.8%増の41億8800万円を見込む14年10月期計画に対する進捗(しん ちょく)率は28%となっている。

エービーシー・マート(2670):3.7%高の4260円。2月度の月次 既存店売上高は前年同月比11.3%増だった、と4日に発表。週末の豪雪 による特需で都心部中心に好調、商品ではレディースのスノーブーツ、 レインブーツなど防寒・防水系シューズが伸びた。

ヤマハ発動機(7272):2.2%高の1509円。メリルリンチ日本証券 は、投資判断「アンダーパフォーム」から「中立」、目標株価を1590円 から1610円に上げた。ホンダとのインドネシア二輪車市場での競争リス クを株価はおおむね織り込んだ、と判断。14年12月期の連結営業利益は 会社計画の750億円に対し764億円を予想、15年12月期は981億円か ら1034億円に見直した。

青山商事(8219):4.1%高の2603円。みずほ証券は4日、投資判 断を「アンダーパフォーム」から「中立」、目標株価を2200円から2700 円に上げた。仕入れコスト上昇分の販売価格転嫁でメンズスーツの収益 改善を見込むほか、レディース分野の拡大にも注目。会社側が219億円 を見込む14年3月期の連結営業利益予想を208億円から215億円に修 正、15年3月期は167億円から202億円に見直した。

ダイサン(4750):4%高の998円。13年5月-14年1月期の営業 利益は前年同期比2.6倍の11億2700万円だった、と4日に発表。受注増 加や施工サービス事業での単価改善、製商品販売事業でのビケ足場の好 調などが寄与した。前期比87%増の14億円とする14年4月期計画に対す る進捗率は81%。同社は住宅・建築工事の足場設計、施工を行う。

チムニー(3178):5.6%高の1605円。アサヒグループホールディ ングス(2502)子会社のアサヒビールがチムニー株の譲渡契約を米投資 会社のカーライルグループと結んだ、と4日に発表。取得株式数は175 万9700株、総株主の議決権に対する割合は9.1%で、今後の財務安定、 連携効果を見込む買いが入った。

ケーズホールディングス(8282):3.5%安の2670円。みずほ証券 は4日、投資判断を「買い」から「中立」、目標株価を3900円から2900 円に下げた。消費税増税後に販売基調が悪化する可能性を踏まえ、同証 による15年3月期の連結営業利益予想を185億円から180億円、16年3月 期を230億円から210億円に見直した。

ビットアイル(3811):10%安の661円。13年8月-14年1月期 (上期)の連結営業利益は前年同期比5.8%減の15億100万円で、従来計 画の16億5000万円から下振れたと4日に発表。データセンターを基盤と したiDCサービス事業、クラウドサービスの販売などマネージドサー ビスの好調で売上高は9%強伸びたが、電力料金の上昇などが採算面で 響いた。上期動向を踏まえ、14年7月期の営業利益見通しを35億円か ら27億円に減額。前期比は14%増益が一転、12%減益になるもよう。

ナトコ(4627):11%安の1063円。13年11月-14年1月期(第1四 半期)の連結営業利益は前年同期比15%減の1億5900万円だった、と4 日に発表。住宅着工数の増加を背景にした外装建材用塗料の伸長で、売 上高は1%強伸びたが、円安も影響した国内原油・ナフサ市況の高止ま り、中国・青島の子会社操業の準備費用などが負担になった。営業利益 で前期比28%減の18億5000万円を見込む14年10月期計画に対する進捗率 は8.6%にとどまる。

アライドテレシスホールディングス(6835):7.1%高の91円。発 行済み株式総数の9.91%に当たる1197万5145株の自社株を18日付で消却 する、と4日に発表。1株価値の向上を評価する買いが入った。

カルナバイオサイエンス(4572):17%高の561円。国立金沢大学 と慢性骨髄性白血病のがん幹細胞を標的とした治療薬、キナーゼ阻害薬 の開発に関する共同契約を結んだと4日に発表。今後の成果発現を見込 む買いが優勢となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE