ウクライナ危機、米ガス輸出規制緩和への支持高まるとの見方

ロシアがウクライナに軍事介入すれ ば、米国の天然ガス輸出規制緩和の正当性の裏付けになるとの見方が、 エネルギーアナリストや業界団体の間で広がっている。

米国に次ぐ世界2位のガス生産国であるロシアは、欧州へのエネル ギー供給路であるウクライナへのガス供給を2006年以降、2度にわたっ て停止している。米国産ガスにアクセスしやすくなれば、ロシアがエネ ルギーを政治的手段として利用する能力が鈍ると、米国のガス輸出規制 撤廃支持派はみている。

ベイナー下院議長(共和、オハイオ州)は4日の声明で「米大統領 が取ることができる、そして取るべき緊急措置は米国の天然ガス輸出の 認可を迅速化することだ」と指摘した。

ロシアのプーチン大統領は同日の記者会見で、ウクライナがロシア のガス輸出企業ガスプロムに対し債務を負っていることを理由に、ウク ライナ向けガスへの値引き適用を打ち切る方針を示した。

原題:Ukraine Crisis Boosts Support for U.S. Natural Gas Exports (3)(抜粋)

--取材協力:Ilya Arkhipov、Derek Wallbank、Peter Cook. Editors: Jon Morgan, Steve Geimann

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE