リッチモンド連銀総裁:ウクライナ情勢で成長打撃の兆候注視

米リッチモンド連銀のラッカー総裁 は4日、ウクライナ情勢の不安定さが経済成長に打撃を与える兆候がな いか注視していることを明らかにした。ニューヨークでの会合で質問に 対し、「それは経済成長への影響の可能性で、わたしが実際に注視して いる問題だ」と答えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。