米国債:下落、ウクライナ危機の緩和で逃避需要が後退

米国債市場では10年債利回りが約3 カ月ぶりの大幅な上昇となった。ウクライナ危機が落ち着き始めた兆候 を受け、逃避需要が後退し、ほかの先進国の国債利回りも上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。