欧州株:8カ月ぶり大幅高、ウクライナの緊張緩和で

欧州株式相場は上昇。ウクライナで の軍事対立がロシアとの戦争に発展することはないとの見方で、指標の ストックス欧州600指数は8カ月ぶり大幅高となった。

商品取引や金属生産を手掛けるグレンコア・エクストラータ は1.7%高。昨年のエクストラータ買収によるコスト節減見通しの上方 修正が好感された。ハンドクリーム「ニベア」などを手掛けるドイツの 日用品・医療品メーカー、バイエルスドルフは2%の値上がり。昨年の 利益が予想を上回った同社は、今年の売上高が最大6%伸びるとの見通 しを示した。建設機器レンタルを手掛ける英アシュテッド・グループ は2011年以来の大幅上昇。通期利益が従来予想を上回る見込みという。

ストックス欧州600指数は前日比2.1%高の337.15で終了。ロシアの プーチン大統領はこの日、直ちにウクライナに派兵する必要はないと発 言したほか、クリミア併合を考えていないと述べた。ロシア議会は先週 末、同大統領がウクライナに軍事介入する権限を承認。株価指数は前 日、2.3%下落していた。

ランプ・アセット・マネジメント(デュッセルドルフ)で株式運用 に携わるミヒャエル・ボイシュネック氏は電話インタビューで、「まだ 買いムードは続いており、この機会に乗じて買い増している」と述べ、 「米国や欧州が自国経済に悪影響を与えることなくロシアを罰せられる 余地はあまりないので、慎重に対応するだろう。どちらの側からも強い 語調が聞かれるが、全面的な軍事衝突に発展するとは思わない」と続け た。

この日の西欧市場ではアイスランドを除く17カ国で主要株価指数が 上昇。独DAX指数と仏CAC40指数はそれぞれ2.5%高。英 FTSE100指数は1.7%上げた。

原題:European Stocks Rise Amid Standoff in Ukraine as Glencore Climbs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE