ロシア大統領、ウクライナ派兵の必要まだない-併合考えず

ロシアのプーチン大統領は4日、ウ クライナの反政府勢力によるヤヌコビッチ政権打倒は憲法に違反したク ーデターだったとの考えを示した。一方、直ちにウクライナに派兵する 必要はないとも発言。派兵実施は極端な場合に限ると語った。ヤヌコビ ッチ氏がロシア系住民の軍による保護を要請したと付け加えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。