ロシア大統領、ウクライナ派兵の必要まだない-併合考えず

ロシアのプーチン大統領は4日、ウ クライナの反政府勢力によるヤヌコビッチ政権打倒は憲法に違反したク ーデターだったとの考えを示した。一方、直ちにウクライナに派兵する 必要はないとも発言。派兵実施は極端な場合に限ると語った。ヤヌコビ ッチ氏がロシア系住民の軍による保護を要請したと付け加えた。

また、ロシアはウクライナ南部のクリミアの併合を考えてはいない とも述べた。ウクライナ側はロシア軍がクリミアを掌握したとしてい た。

プーチン大統領の発言で、冷戦終了後最悪のロシアと欧米諸国の対 立が直ちに激化する可能性は遠のいた。クリミア半島でロシア軍が行動 し国際社会が解決策を模索して奔走する中で、世界の金融市場は動揺し ていた。

ケリー米国務長官はこの日にキエフ入りする。米国と欧州は外交・ 経済面からプーチン大統領への圧力を強める方法を模索している。

原題:Putin Says No Need Yet for Russia to Send Troops to Ukraine (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE