香港株:ハンセン指数、反発-テンセントや紫金鉱業に買い

香港株式市場では商いが膨らまない 中で、ハンセン指数が反発した。テンセント・ホールディングス(騰 訊)の上げが寄与した。同指数は前日、ウクライナ情勢の緊迫化などを 理由に約1カ月ぶりの大幅安となっていた。

ハンセン指数は前日比156.96ポイント(0.7%)高の22657.63で終 了。売買高は30日移動平均を23%下回った。ハンセン中国企業株(H 株)指数は0.3%高の9776.77。

アジア最大のインターネット企業である中国のテンセント(700 HK)は1.7%高。複合企業のハチソン・ワンポア(13 HK)は3.2%高。 金相場が約4カ月ぶりの高値を付けたことを受け、中国最大の産金会社 である紫金鉱業(2899 HK)は2.3%値上がりした。

投資家は中国の地方政府財政問題やシャドーバンキング(影の銀 行)のリスク抑制などについて次の対策の手掛かりを得るため、北京で 5日に開幕する全国人民代表大会(全人代、国会に相当)に注目してい る。

原題:Hong Kong Stocks Rebound From Biggest Drop in Month on Tencent(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE