トヨタ労組委員長:労使交渉は平行線、大きな隔たり-次回再主張

安倍晋三首相が企業の収益増を賃上 げに回すよう訴える中、労働組合側がベースアップ(ベア)などを求め ているトヨタ自動車では、労使交渉が平行線をたどっている。労組側は 次回の交渉で再度主張して要求実現を目指す方針だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。